洋ナシ体型になってしまう原因とオススメのダイエット方法

洋ナシ体型とは、下半身を中心に脂肪がついてしまった体型のことで、果物の洋ナシの形にそっくりなことからついた体型のことです。日本人は洋ナシ体型の人が特に多いと言われています。お尻から太ももにかけてボリュームが多くなるのですぐわかります。

洋ナシ体型になってしまう最も大きな原因としては、骨盤の歪みです。人間の身体は骨盤に重心が集まっていますが、骨盤が歪むと重心がズレやすくなります。もしもしは骨盤を保持するために使われていたような筋肉が働かなくなったことから、脂肪がつくということもあります。

骨盤の歪み解消に役立つオススメのダイエット方法は、お金をかけずに気軽にできる筋トレとストレッチです。正しい方法を実践すれば体のゆがみが解消されて、全身にバランスよく脂肪と筋肉がつくようになります。ストレッチ運動を行えば全身の血液が巡りやすくなりますので、脂肪が溜まりにくくなり、代謝アップ効果を得ることが可能です。

洋ナシ体型の方は、お尻や太ももが冷たくて痩せずらいと言いますが、それは脂肪で血行が悪くなっているからです。お金の面で問題がなければ、骨盤矯正施術をエステなどで受けることで症状の改善を得ることが可能です。洋ナシ体型は骨盤のズレが原因とされていますので、骨盤を直接改善できる整形方法があるのはとても重宝します。

だらしなく見えてしまう洋ナシ体型ですが、自分にピッタリのダイエット法を見つけて、スラッとした下半身を目指して頑張りましょう。

Categories: ダイエット